<特集>好需給と好業績期待で選ぶ(4)=NECキャピタル―業績改善・需給妙味・割安と3拍子そろう

株式

2020/1/24 18:00

 NECキャピタルソリューション<8793.T>はマーク続行の対象になる。業績改善・需給妙味・割安と3拍子そろい、一段高が期待される。

 20年3月期の連結営業利益予想は、100億円(前期比12.0%増)と利益回復コースに入る。上期は、連結子会社のリサ・パートナーズ(不動産金融ビジネス)が手掛けるリサ事業においてに大型の収益が計上されたが、主力の賃貸・割賦事業については通年で営業資産残高を積み上げ、拡大基調となっている。加えて、5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス開始をにらみ、ICT(情報通信技術)機器のリース需要拡大が予想され、テーマ性も備える。

 需給妙味も見逃せない。17日申し込み現在の信用取引残高は、買い残が7万5500株、売り残が8万8300株と売り長状態。しかも、同日報告分の株券等貸借週末残高によると、借り手のカラ売りポジションにつながる貸付残高は有担保分で11万株強に上り、買い戻し期待は根強い。株価は24日に一時2809円を付け、昨年来高値を更新中だが、さらなるカラ売りを誘い込めば需給相場の色彩を強めることにもなる。ちなみに、PER9倍台、PBR0.6倍台と依然割安水準に放置されており、訂正高の余地は少なくない。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ