オプトランが堅調、大和証は「2」・目標株価4000円でカバー開始

株式

2020/1/27 16:05

 オプトラン<6235.T>が堅調。大和証券では24日付で、投資判断「2」(アウトパフォーム)、目標株価4000円でカバーを開始している。

 目標株価4000円は、20年度予想連結1株利益に18倍を乗じて算出されている。北米ハイエンドスマホがToFセンサを搭載した後に、中華圏スマホメーカーが同機能の搭載を加速させる可能性があり、そのシナリオが顕在化すれば、同社の装置需要は一層拡大する可能性が高いと考えているという。

 同証券では連結営業利益について、19年12月期104億円(前期比3%減、会社側計画は113億円)、20年12月期122億円、21年12月期136億円と試算。今後もスマホ向けのほか、監視カメラ、車載カメラ向けを牽引役とした成長が期待されるとし、特に、足元で北米大手顧客から3Dセンサ関連の受注獲得期待が高まっており、20年度の業績押上げ要因として期待できようとコメントしている。

 27日の終値は、前週末比10円高の3185円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ