構造転換進むソーバルの推津敦社長に聞く

新興ニュース

2020/1/28 17:30

 ソーバル(2186・JQ)は現在、従来の主力だったエンジニアの派遣から、社内エンジニアのチームで受託開発を手掛ける請負へ事業構造の転換が進んでいる。近年は、自動運転、AI(人工知能)関連の受託開発に・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ