<無料公開>アップルの10~12月収益、過去最高で市場予想上ブレ――関連株の好材料か

新型iPhone

2020/1/29 7:58

 米アップルが現地28日に発表した2019年10~12月決算は、売上高が前年同期比9%増の918億ドル(約10兆円)、純利益が同11%増の222億ドルとなりいずれも過去最高を更新した。市場予想も上回った。同社の株価は時間外取引で上昇している。

 10~12月は主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の売上高が前年同期比8%増の560億ドルに拡大した。秋に投入した新機種「11」シリーズが好調だった。アイフォーンの増収は5四半期ぶり。腕時計型端末「アップルウォッチ」やワイヤレスイヤホンも大きく伸びた。また、音楽配信やデータ管理といったサービス部門の売上高も四半期ベースで最高となった。

 同社は20年1~3月の売上高の見通しを630億~670億ドル(前年同期比9~15%増)とした。市場予想の平均は約620億ドルだった。好決算を受けて株価は時間外で一時3%近く上昇。きょう29日の東京株式市場では、電子部品株などの好材料として意識されそうだ。

<主なアップル関連株の20年高値比騰落率>

  銘柄(コード)     騰落率     信用倍率

 インターアク(7725)――▼18.1%――3.9倍

 オプトラン(6235)――▼13.5%――6.1倍

 JDI(6740)――▼10.0%――2.7倍

 アルプスA(6770)――▼8.7%――1.9倍

※航空電子(6807)――▼8.6%――0.5倍

 太陽誘電(6976)――▼7.2%――1.0倍

 ミネベアM(6479)――▼6.8%――0.3倍

 ファナック(6954)――▼6.7%――2.0倍

 ローム(6963)――▼6.2%――1.3倍

 オムロン(6645)――▼5.8%――0.6倍

 村田製(6981)――▼5.0%――2.1倍

 TDK(6762)――▼4.7%――0.9倍

 ソニー(6758)――▼4.2%――2.3倍

 山一電機(6941)――▼3.9%――1.0倍

※は28日に決算を発表

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ