米アルファベットが時間外で急落、第4四半期の売上高が市場予想下回る

米国株式

米決算

2020/2/4 9:27

 グーグルの持ち株会社の米アルファベット<GOOGL>が3日の時間外取引で、日中終値(1482.60ドル)に対して一時5%安と急落した。この日の引け後に発表した19年12月期第4四半期(10-12月)決算で、売上高が市場予想を下回ったことが嫌気されたようだ。

 売上高は前年比17%増の460億7500万ドルとなったが、伸び率は第3四半期(19年7-9月)の20%増や前年同期(18年10-12月)の22%増を下回り、市場予想の469億4000万ドルにも届かなかった。動画共有サービス「ユーチューブ」事業は前年比31%増と好調だったものの、売上の大半を占めるグーグルの広告収入のうち、提携サイトでの売上を除いたグーグル本体の広告収入が前年比18%増と、第3四半期の19%増よりも鈍化した。

 一方、純利益は前年比19%増の106億7100万ドル、希薄化後の1株当たり利益(EPS)は15.35ドル(前年は12.77ドル)となり、EPSは市場予想の12.49ドルを大幅に上回った。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ