ピクスタが急騰、20年12月期の大幅増益見通しを好感

株式

2020/2/14 17:02

 ピクスタ<3416.T>が急騰し、一時90円高の1690円を付けている。13日引け後、20年12月期の連結業績予想を発表。大幅な増益見通しを示し好感された。

 20年12月期業績は、売上高30億8700万円(前期比11.9%増)、営業利益2億4000万円(同49.3%増)を予想する。同社を取り巻く事業環境は、今後もインターネットメディアおよび動画広告をはじめとするインターネット広告市場の拡大に伴い、デジタル素材ニーズはさらに増加していくものと想定。定額制プランの拡充に加え、大企業・代理店向け高単価・希少写真素材の販売や商用撮影領域への展開に向けた検討を進めるとしている。

 19年12月期決算は、売上高が27億5900万円(前期比9.8%増)、営業利益が1億6000万円(同45.5%増)だった。

 午前11時時点の株価は、前日比90円高の1690円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ