来週の東京外国為替市場見通し=新型肺炎をめぐる動向に振り回される相場続く

国内市況

為替

2020/2/14 17:24

予想レンジ:1ドル=109円00銭-111円00銭

 2月10-13日のドル・円は、ほぼ横ばい。週初10日は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への懸念がくすぶり続け、リスク回避の円買い。11日は東京市場が休場で薄商い。同日、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長は議会証言で新型肺炎に言及しつつも、金融緩和に前向きな姿勢を示さなかったことで米国株が伸び悩み、ドル・円の上値は重かった。12日、新型肺炎の感染の勢いが鈍化しているとの見方が広がり、米国株が大幅高になると、ドル買いが進んだ。13日は、中国で減少傾向にあるとされた新型肺炎の感染者数が診断基準の変更に伴い大幅に増加し、ドル・円を下押しした。

 ドル・円は依然、収束の兆しが見えない新型コロナウイルスをめぐる動向に左右される場面が続こう。新型肺炎の感染拡大が世界経済に及ぼす影響が懸念され、リスクオフムードから上値を試す動きは限られそうだ。ただ、22-23日にサウジアラビアの首都リヤドで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では新型肺炎の感染拡大が議題となり、週後半には世界経済への影響を最小限に抑えるため主要国が協調するとの期待が高まりドル・円は一定の底堅さを示す可能性もある。

 経済指標では、14日の米1月小売売上高を確認した後は、米2月ニューヨーク連銀製造業景況指数、米1月住宅着工件数、米1月PPI(生産者物価指数)、米2月フィラデルフィア連銀景況指数、米1月中古住宅販売件数などが発表予定。また、1月開催FOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨が公表される。市場の一部で実質的な量的緩和とみなされている米財務省短期証券(Tビル)の購入について、パウエルFRB議長は直近の議会証言で縮小する方針を示唆しており、前回FOMCで踏み込んだ議論がなされていたようであれば相場の変動要因となる可能性がある。その他、米大統領選挙に向けた政治の動きが過熱するが、ドル・円への反応は限定的か。

 ドル・円はチャート上で、心理的フシとなる1ドル=109円を維持できるかが焦点。上方向では年初来高値110.27円(1月17日)の上抜けが意識され、110円台で値固めできるかが注目される。

提供:モーニングスター社

関連記事

  • 個別銘柄のスポット情報(2)

    株式

    2020/2/14 17:18

     イフジ産業 急伸し、昨年来高値を更新。今3月期の連結営業利益予想を8.3億円から9.3億円(前期比16%増)に引き上げ。年間配当予想も18円から20円(前期は17円)に増額。 マイク・・・…続き

  • (再送)<新興国eye>カンボジアでも新型肺炎の感染者を確認、経済への影響懸念

    新興国

    2020/2/14 17:17

     1月27日、カンボジア保健省は、中国湖北省武漢からカンボジア・シアヌークビルを訪れていた中国人男性1名が新型コロナウイルスに感染していることを確認し、隔離したことを発表しました。感染が確認されたのは・・・…続き

  • 個別銘柄のスポット情報(1)

    株式

    2020/2/14 17:16

     Vテク 急反落。東海東京証が投資判断を強気の「アウトパフォーム」から中立の「ニュートラル」に引き下げ。世界的に有数のディスプレー工場が集積する中国・武漢市での新型肺炎の影響を考慮。目・・・…続き

  • 個別銘柄のひと口情報

    株式

    2020/2/14 17:15

     ジョルダン 大幅高で4日続伸。今9月期の第1四半期決算を発表し、連結営業利益は6800万円(前年同期比5.4倍)だった。通期業績予想は据え置きで、営業利益は3億円(前期比9.2%増)・・・…続き

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ