キャンディルが4日ぶり反発、ドゥーマンズの株式取得を材料視

株式

2020/2/19 16:03

 キャンディル<1446.T>が4日ぶりに反発し、一時26円高694円を付けた。18日引け後、子会社のキャンディルデザインと業務提携関係にあるドゥーマンズ(東京都渋谷区)の株式を取得することを決議したと発表、材料視された。

 ドゥーマンズは、プランニングするだけでオーダー家具の製造データを自動生成するシステムと、その根幹となる技術について多くの特許を所有。同社グループは、ハウスメーカー、パワービルダー、マンションデベロッパーなど、全国の建築関連事業者と取引実績があるほか、家具の組み立て、据え付けを全国的に請け負える施工体制も有していることから、ドゥーマンズとの事業シナジーが期待できるとしている。

 19日の終値は、前日比15円高の683円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ