日経平均は375円程度安、JPX日経400では新生銀行、GMOPG、ディップが値下がり率上位

株式

2020/2/27 10:46

 27日午前10時40分すぎの日経平均株価は、前日比375円程度安い2万2050円前後で推移。朝方から弱い動きが続き、午前10時36分には、同408円40銭安の2万2017円79銭を付ける場面もみられた。その後も安値圏でのもみ合い商状となっている。為替市場では、ドル・円が1ドル=110円30銭前後(26日終値は110円47-48銭)で推移する。27日の中国・上海総合指数は、4日ぶりに反発して取引を開始した。

 主要指標の1つであるJPX日経400は、前日比244.83ポイント安の1万4178.32ポイントと4日続落。同指数の構成銘柄では、値下がり率の上位に、新生銀行<8303.T>、GMOPG<3769.T>、ディップ<2379.T>がランクイン。一方、値上がり率上位に、オリンパス<7733.T>、キリンHD<2503.T>、日本製鉄<5401.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ