板硝子、近畿日本鉄道の新型名阪特急「ひのとり」で同社製ガラスが採用

株式

2020/2/28 17:14

 日本板硝子<5202.T>は28日、近鉄グループホールディングス(近鉄GHD)<9041.T>の近畿日本鉄道が、3月14日から運航を開始する新型名阪特急「ひのとり」の先頭車両に同社製ガラスが採用されたと発表した。

 同社によると、同社の受注部位は、前面窓下、前面窓上、前側面および前照灯で、先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドといった、新型特急の外観デザインのイメージ実現に貢献。ガラスは、赤外線カット性能をもたせることで、運転席の快適性も向上したという。

 28日の終値は、前日比27円安の485円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ