TDKが急落、通期の業績予想を下方修正

株式

2020/3/26 14:16

 TDK<6762.T>が急落。25日引け後に、20年3月期の連結業績予想を下方修正したことが嫌気された様子。株価は前日比780円安の8170円まで値を下げている。

 20年3月期について、予想売上高を従来の1兆3900億円から1兆3600億円(前期比1.6%減)に、営業利益を1200億円から950億円(同11.9%減)にそれぞれ引き下げている。第3四半期(19年10-12月)までは順調に推移したが、第4四半期(20年1-3月)において、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、「受動部品事業」や「エナジー応用製品事業」等のグループ中国工場の操業度の低下や、各事業における中国向け販売の減少等などの影響を受けていることが主な要因。

 午後2時15分現在の株価は680円安の8270円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ