日経平均は700円程度安、採用銘柄の値下がり率上位に東建物、ファーストリテ、丸紅など

国内市況

株式

2020/3/26 14:35

 26日午後2時31分すぎの日経平均株価は、前日比700円程度安い1万8840円前後で推移。後場に入り下げ幅を縮小する場面もみられたが、模様眺めムードが広がるなか、戻り待ちの売りが優勢の展開が続いている。ドル・円相場は、1ドル=110円70銭前後(25日終値111円46-47銭)で、もみ合いとなっている。

 日経平均の採用銘柄では、値下がり率上位に、東建物<8804.T>、ファーストリテ<9983.T>、丸紅<8002.T>、日本製鉄<5401.T>、東急不HD<3289.T>がランクイン。値上がり率の上位は、王子HD<3861.T>、ニチレイ<2871.T>、SOMPOH<8630.T>、日水<1332.T>、NTTドコモ<9437.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ