旭化成、米子会社が人工呼吸器の生産数を現在の約25倍に相当する月産1万台に拡大

株式

2020/3/27 7:35

 旭化成<3407.T>は25日、米子会社のZOLL Medical Corporation(マサチューセッツ州、ZOLL社)が、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により高まっている人工呼吸器の需要に対応するため、生産数を現在の約25倍に相当する月産1万台に増やすことを決定したと発表した。

 ZOLL社の人工呼吸器は、最高クラスの性能を有する内部フィルターシステムが装備されており、危険な環境(適切な医療体制の整っていない環境)でも作業性が高く、患者のみならず医療従事者にとって使いやすい製品になっているという。また、同製品は細菌/ウイルスフィルター、薬液用フィルター、生物ろ過器、熱・水分交換フィルターの取り付けも可能としている。携帯性、耐久性、安全性、信頼性に優れ、過酷な環境でも使いやすいため、現在世界中の多くの医療機関等で使用されているという。

 26日の終値は、前日比4.7円高の758.4円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ