京セラ、NEC子会社の光学部品メーカー昭和オプトロニクスを子会社化

株式

2020/3/27 7:37

 京セラ<6971.T>は25日、NEC<6701.T>との間で、NEC子会社の光学部品メーカー昭和オプトロニクスについて、NECが保有する同社の93.53%分の株式すべてを譲り受ける株式譲渡契約を締結したと発表した。

 京セラは今回の子会社化により、レーザー関連などの新市場に参入し事業領域を広げる。今後、両社の技術融合によるシナジー効果と京セラがワールドワイドに保有する販売網および生産拠点の有効活用を通じた一層の事業拡大を図り、光学部品業界におけるトップメーカーを目指すとしている。昭和オプトロニクスは、株式譲渡が完了した後、6月1日から、京セラ子会社の京セラ昭和オプトロニクスとして事業を行う予定。

 26日の終値は、京セラが前日比178円安の6255円、NECは同175円安の3790円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ