明日の日本株の読み筋=軟調な展開か、ポジション調整の売買に左右される場面も

国内市況

株式

2020/4/2 18:03

 3日の東京株式市場は、買い手掛かりに乏しいなか、きょうのさえない動きが継続するとみられ、軟調な展開となりそう。新型コロナウイルスの世界的なまん延が警戒されるなか、週末要因もありポジション調整の売買に左右される場面も想定される。新型コロナウイルス関連とされる銘柄への部分物色が中心になりそう。市場では「長期資金を運用する投資家は、相場の落ち着きがみられるまで買いに入らないとみられ、不安定な動きを強いられそうだ」(中堅証券)との声も聞かれた。

 2日の東京株式は、日経平均株価が前日比246円69銭安の1万7818円72銭と大幅に4日続落。終値ベースでは、3月23日(1万6887円78銭)以来、8営業日ぶりに1万8000円台を下回った。東京証券取引所が引け後に発表した、3月第4週(23-27日)の投資部門別株式売買状況で、海外投資家は9517億円の売り越しで、7週連続で売り越しとなっている。

提供:モーニングスター社

関連記事

  • 個別銘柄のスポット情報(2)

    株式

    2020/4/2 18:02

     SRAHD 軟調。保有株式の株価下落により、今3月期末に40億円の評価損を計上すると1日に発表した。 オリエンタルランド(OLC) 3日ぶり反発。野村証が1日付リポー・・・…続き

  • 個別銘柄のスポット情報(1)

    株式

    2020/4/2 18:00

     ヤマダ電機 急伸。500億円・1億株(発行済み株式総数の11.4%)を上限とする自社株買いを発表。 象印 4日ぶり反発。今11月期第1四半期の連結営業利益は28億円(・・・…続き

  • 個別銘柄のひと口情報

    株式

    2020/4/2 17:59

     ソフトMAX ストップ高。1日、ソラストと医療領域のICT(情報通信技術)活用に関連した事業・サービスの提携および開発について包括的な業務提携契約を締結したと発表した・・・…続き

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ