<特集>5G関連、注目度アップ(4)=オプトラン―成膜需要に期待、見直し買いの動きも

株式

2020/4/3 18:10

 オプトラン<6235.T>はマーク続行の対象になる。同社は1月に光通信用DWDM(光ファイバー多重利用技術)真空成膜装置(NBPF)を全面刷新し、新型装置の開発を完了、受注・出荷を開始した。新型装置の完成・市場への供給により、5G対応の光通信用フィルター性能を格段に向上させ、基地局間情報トラフィックの飛躍的増加に対応できるようになり、今後の需要拡大が期待される。

 20年12月期の連結業績予想は、売上高が462億円(前期比7.9%増)、営業利益が120億円(同10.3%増)を見込む。スマートフォン市場ではカメラ複眼化による成膜需要は強く、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)技術を駆使した高精度な3Dセンシングや、5G対応に向けた通信機器部品などへの成膜需要も期待される。なお、会社側では、新型コロナウイルス鎮静化後の業績回復を見込み、想定通りの計画としている。

 株価は、1月23日の年初来高値3585円から3月19日の年初来安値1996円にかけて44%強の下げに見舞われたが、その後は出直り足にシフトしている。中国経済がコロナ・ショックによる低迷から回復感を強めていることで同国を主戦場とするオプトランにも見直し買いの動きが出ている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ