明日の日本株の読み筋=不安定な展開か

国内市況

株式

2020/4/6 17:44

 7日の東京株式市場は、不安定な展開となりそう。6日は時間外取引で米株価指数先物が上昇したことをきっかけに上げ幅を拡大。現地6日の米国株高を先取りする格好となった。依然として日米両市場ともに変動率の高い状況が続き、気を抜けない場面も想定される。市場では「日経平均株価は終値ベースで5日移動平均線(6日時点で1万8239円)を上回った。いったん調整を入れるとみられるが25日移動平均線(同1万8829円)が上値として意識される」(中堅証券)との見方があった。

 6日の東京株式は、日経平均株価が前週末比756円11銭高の1万8576円30銭と大幅に続伸。現地5日のニューヨーク州での感染者の増加数が前日を下回り、トランプ米大統領は同州の感染者数がピークを迎えた可能性があると指摘。時間外取引で米株価指数先物が上昇したことから、買い優勢の展開が続いた。終値ベースでは、3月31日(1万8917円01銭)以来、4営業日ぶりに1万8500円を上回った。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ