7日の東京株式市場見通し=堅調な展開か

国内市況

株式

2020/4/7 7:47

 予想レンジ:1万8500円-1万9000円(6日終値1万8576円30銭)

 7日の東京株式は、堅調な展開か。きのう6日に大幅高となった動きや、現地6日の欧米株式が大幅な上昇をみせたことから、買い優勢のスタートとなりそうだ。安倍晋三首相は6日、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の都府県に対し、きょう7日に改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令すると発表した。同時に、事業規模108兆円の経済対策を実施することも明らかにした。景気のテコ入れへの期待感から、しっかりした動きとなりそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=109円台の前半(6日終値は109円17-19銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=117円台の後半(同118円09-13銭)と円高方向に振れている。

 6日のADR(米国預託証券)は円換算値で、コマツ<6301.T>、キヤノン<7751.T>、みずほ<8411.T>などが、6日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、6日大阪取引所終値比350円高の1万8920円だった。(高橋克己)

7日の主な経済指標・スケジュール

【国内】

・ 8:30 2月毎月勤労統計調査、2月家計調査

・14:00 2月景気動向指数

・30年国債入札

・決算発表=スギHD<7649.T>

【海外】(時間は日本時間)

・米3年国債入札

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ