日経平均は373円高と大幅に3日続伸、値上がり銘柄数は1800超=7日後場

 7日の日経平均株価は、前日比373円88銭高の1万8950円18銭と大幅に3日続伸して取引を終了した。午前9時7分には、同586円22銭高の1万9162円52銭ときょうの高値を付ける場面もあった。きのう6日の強い地合いや、現地6日の欧米株式が大幅反発したことから買いが先行した。買い一巡後は、戻り待ちの売りに上値を抑えられる格好となり、上げ幅を縮小。時間外取引で米株価指数先物が下落に転じたこともあり、後場には下げ転換する場面もみられた。ただ、引けにかけて上昇幅を取り戻すなど、値動きの荒い展開となった。ドル・円相場が円高方向に振れたことも意識されたようだ。東証1部の出来高は17億351万株、売買代金は2兆8231億円。騰落銘柄数は値上がり1877銘柄、値下がり255銘柄、変わらず36銘柄だった。

 市場では「東京都や神奈川県など7都府県への緊急事態宣言を控えて、模様眺めムードが広がるなか、思惑的な売買が幅をきかせたようだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、AGC<5201.T>、ガイシ<5333.T>などのガラス土石株や、オリエンタルランド(OLC)<4661.T>、リクルートH<6098.T>などのサービス株が上昇。TOYO<5105.T>、ブリヂス<5108.T>などのゴム製品株や、SUMCO<3436.T>、LIXILG<5938.T>などの金属製品株も高い。大林組<1802.T>、大和ハウス<1925.T>などの建設株や、三菱倉<9301.T>、上組<9364.T>などの倉庫運輸株も堅調。JAL<9201.T>、ANA<9202.T>などの空運株や、オリックス<8591.T>、JPX<8697.T>などのその他金融株も上げた。東証業種別指数は、全33業種が上昇した。

 個別では、アトラ<6029.T>、トルク<8077.T>、シンクロF<3963.T>、プレサンス<3254.T>、エアーテック<6291.T>などが上昇。半面、薬王堂HD<7679.T>、東邦システム<4333.T>、デンカ<4061.T>、Vキューブ<3681.T>、富士フイルム<4901.T>などが下落した。

(イメージ写真提供:123RF)

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ