マザーズ指数続伸、TKPなど上昇=新興市場・7日

 マザーズ指数が続伸。東京市場が続伸基調となる中で新興市場にも買いが継続。売られ過ぎた銘柄が多いこともあり、新興市場は後場も値持ちが良かった。ティーケーピー<3479.T>、そーせいグループ<3479.T>、ジャパンインベストメントアドバイザー<7172.T>などが買われ、ロゼッタ<6182.T>、ヘリオス<4593.T>、Amazia<4424.T>も上昇。メドレー<4480.T>、UUUM<3990.T>は売られた。ジャスダックではワークマン<7564.T>、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324.T>などがしっかり。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ