日本ライフLが続伸、手動式心臓ポンプ「シーピーレスキュー」の販売開始を材料視

株式

2020/4/7 16:33

 日本ライフライン<7575.T>が続伸し、81円高の1331円を付けた。6日、心肺蘇生をサポートする手動式心臓ポンプ「シーピーレスキュー」の販売を1日より開始したことを明らかにし、材料視された。

 本製品はAED(自動体外式除細動器)の取り扱い経験を基に同社が企画・開発を行った製品。心停止した患者に対し、心肺蘇生のための胸骨圧迫を行う際に、患者の胸部に設置して使用する医療機器であり、一定のテンポ音を発することで一定のリズムでの胸骨圧迫を補助する。さらに、圧迫の頻度および深度をリアルタイムで測定し、本体インジケーターと音声によって、適切に実施されているかどうかを施術者にフィードバックすることにより、質の高い胸骨圧迫を行えるようサポートする。

 7日の終値は、前日比37円高の1287円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ