ソトーが急反落、20年3月期予想は一転減収・営業減益に最終赤字転落

株式

2020/4/9 16:18

 ソトー<3571.T>が急反落し、49円安の890円まで売られている。8日引け後、20年3月期の連結業績予想を下方修正し、一転して減収・営業減益に最終赤字転落見通しとなり、嫌気されている。

 20年3月期業績予想は、売上高が115億円から111億円(前期比1.1%減)、営業利益が4億円から1億7000万円(同28.9%減)に引き下げられた。染色加工事業ならびにテキスタイル事業について、衣料の低価格化による高級ファッションブランドの消費低迷に加え、主要商品であるウール素材を中心とする秋冬物の在庫が生地、製品ともに暖冬による販売不振により増加し、小幅ながら減収に転じる見込み。さらに染色加工事業での売上減少に加え、トレンド変化により比較的利益率の高い柄物が大幅に減少し、負荷工程の多いコストのかかる無地物の比率が高まったことや、染料助剤等の原材料の値上がりが響き、利益を圧迫する。

 最終損益については、特別損失(投資有価証券評価損)3億4800万円の計上に伴い、前回発表予想の4億円の黒字から9000万円の赤字(前期は1億8000万円の黒字)に悪化する見通し。

 9日の終値は、、前日比40円安の978円ザラバ引け。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ