MKシステムが急騰、株式新聞が「社労士関連」と紹介

株式

2020/4/10 11:02

 エムケイシステム<3910.T>が急騰し前日比12.3%高の1129円まで買われた。株式新聞が10日付で、新型コロナウイルス対策の自粛要請に伴う「雇用調整助成金」に絡み、社会保険労務士(社労士)の関連銘柄として紹介した。

 新型コロナの感染拡大を受け、政府は企業を支えるための資金繰りや休業対策に乗り出す。ただ、休業する従業員を守るための雇用調整助成金の申請には手間と時間がかかるため、企業が社会保険のエキスパートである社労士の支援を仰ぐケースが増えそうだと同紙は指摘している。

 MKシステムは社労士向けの業務支援と、企業向けの雇用保険・社会保険申請手続システムを手掛ける。2400の社労士事務所で積み重ねた実績を一般企業向けにも展開しており、ニーズの受け皿として有力だ。

 このほか同紙は、社労士試験に強みを持つ資格の学校のTAC<4319.T>や、社労士と企業のマッチングサービスを展開するマネーフォワード<3994.T>などに注目している。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ