アナリストの視点:3月の米国では「ファンド売り・MMF買い」が過去最高レベルに、今後の金利動向次第では大転換の可能性も

視点

2020/5/21 17:00

 2020年3月にはS&P500指数(米ドルベース)が月間で▲12.5%の急落となり、1990年以降では2008年10月の▲16.9%、1998年8月の▲14.6%に次ぐ、過去3番目の下落率の高さとな・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ