テクマト、新型コロナ疑いのCT画像を判定する遠隔読影と画像診断支援AIシステムを4カ月無償提供

株式

2020/5/22 7:30

 テクマトリックス<3762.T>は20日、連結子会社のNOBORIが、エムスリー<2413.T>と共同で新型コロナウイルス疑いのCT画像を判定する遠隔読影と画像診断支援AIシステムを、全国の医療機関100施設に4カ月間無償提供すると発表した。

 同サービスは、5月20日時点で全国220の医療機関で活用されているが、対象画像データの専用Webページでのアップロードの手間や、サービス利用がインターネット接続PCに限定され、より簡便なサービスが求められていたという。新型コロナウイルスの収束時期が見通すことができないなか、医療現場の負担軽減を念頭に、今回の取り組みを実施するという。

 21日の終値は、テクマトが前日比10円安の3220円、エムスリーは同120円安の4100円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ