パナソニック、新型コロナウイルス感染症にかかる予防ワクチン・治療薬等の研究開発に2億円を寄付

株式

2020/5/22 7:33

 パナソニック<6752.T>は20日、大阪大学、大阪府などが推進している「新型コロナウイルス感染症にかかる予防ワクチン・治療薬等の研究開発」の取り組みに賛同し、総額2億円を寄付すると発表した。

 同社は従来から、大阪大学と産学連携という形で、さまざまな共同研究を進めてきた。今回は、大阪大学の「ワクチン・治療薬等の研究開発を通して広く地域の健康維持と生活の質の向上に貢献したい」という崇高な目的に共感、協定の主旨に全面的に賛同し、ワクチン・治療薬実用化のさらなる加速のため、寄付という形で支援することを決定したという。

 21日の終値は、前日比1円高の882.6円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ