<特集>続・逆風下の注目決算銘柄(1)=慎重な姿勢を保ちつつ、個別株ベースで対処

株式

2020/5/22 17:49

 日経平均株価は15日に2万円台を回復して以降、米国株高などにも支えられ、意外なほど堅調さを保っている。関西3府県では緊急事態宣言が解除され、残る5都道県の解除が25日にも判断される見通しとなった。人の移動や営業自粛の緩和で、日本の経済が徐々に正常化し、景気の回復が見えてくるならば、企業業績にはプラス。

 ただ、現在はそこまで見通せる状況ではなく、むしろ回復を前倒しで織り込んでいる故に、下ブレに対する警戒は怠れない。また、経済活動の再開に伴い、新型コロナウイルスは感染拡大の第2波が警戒される。コロナ禍の影響で決算発表が遅れ、3月期決算企業の業績発表は6月の第1週まで続く。引き続き、慎重な姿勢を保ちつつ、個別株ベースで対処したい。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ