2日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、神経質な展開か

為替

2020/6/2 8:32

ドル・円予想レンジ:1ドル=107円00銭-108円00銭

 2日の東京外国為替市場で、ドル・円は神経質な展開とみる。トランプ米大統領が現地時間の1日夜に会見し、デモに対する強気な発言を繰り返すなど以前と変わらない姿勢を示した。米株価指数先物は会見後に軟調となっており、この動きが継続すればドル・円にの重しになる。また、中国が国有企業に対して米国から大豆と豚肉の輸入を停止するよう指示したと報じられており、米中対立の激化懸念もドル売り圧力を強めそうだ。

<主な経済指標・イベント>

国内:5月マネタリーベース

その他:豪1-3月期経常収支、RBA(豪準備銀行)理事会

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ