日経平均は206円高、業種別値上がり率上位は鉱業、鉄鋼、不動産など

国内市況

株式

2020/6/2 10:05

 2日午前10時時点の日経平均株価は前日比206円74銭高の2万2269円13銭。朝方は、米景気の回復期待を背景に1日の米国株式が上昇した流れを受け、買いが先行した。株価指数先物に断続的な買いが入り、上げ幅を拡大し、一時2万2294円52銭(前日比232円13銭高)まで上昇した。その後は、もみ合い商状となっている。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1538、値下がり541。東証業種別株価指数では全33業種中、28業種が上昇している。値上がり率上位業種は、鉱業、鉄鋼、不動産、石油石炭製品、輸送用機器など。値下がりは5業種で、電気ガス、医薬品、その他製品、パルプ紙、空運。

午前10時ごろの値上がり率上位銘柄(東証1部)

・システムソフト<7527.T>

・アーレスティ<5852.T>

・ランド<8918.T>

・Vキューブ<3681.T>

・オープンドア<3926.T>

午前10時ごろの値下がり率上位銘柄(東証1部)

・曙ブレーキ<7238.T>

・マイネット<3928.T>

・イーブック<3658.T>

・アルゴグラ<7595.T>

・ビーグリー<3981.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ