マザーズ指数反落、フリーなど売られる=新興市場・3日

 マザーズ指数が4日ぶりに反落。東京市場全般が上値追いに進んだことで連動して高く始まったが、前日までの大幅続伸の反動もあって徐々に利益確定売りに押される展開となった。弁護士ドットコム<6027.T>、メドピア<6095.T>、フリー<4478.T>などが安く、FRONTEO<2158.T>、すららネット<3998.T>も下落。メルカリ<4385.T>、ティーケーピー<3479.T>は買われた。ジャスダックではテラ<2191.T>が大幅高。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ