小僧寿しが後場上伸、5月の持ち帰り寿し事業、デリバリー事業の直営店売上高は4割超の伸び

株式

2020/6/4 16:22

 小僧寿し<9973.T>が後場上伸し、一時8円高の39円を付けた。4日午後1時に5月度の持ち帰り寿し事業(小僧寿し、茶月)およびデリバリー事業(デリズ)の直営店売上高を発表、既存店ベースでいずれも前年同月比で4割超の伸びを示し、好感された。

 持ち帰り寿し事業の売上高は同41.7%増となり、客数、客単価ともに増加した。デリバリー事業は同43.9%増で、客単価は前年割れしたが、客数が大きく伸びた。

 4日の終値は、前日比8円高の39円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ