29日のPTS注目ポイント=そーせい、ストライク、EJHD、DCM、CRE、C&R社など

株式

PTS

2020/6/29 17:05

▽ストライク<6196.T>、20年8月期第3四半期(19年9月-20年5月)の単体営業利益は前年同期比77.6%増の21億3000万円

▽EJHD<2153.T>、20年5月期の連結業績予想を増額、営業利益は前期比74.4%増の29億8400万円(従来予想は20億円)、期末配当は50円(従来予想は40円、前期は38円)

▽ユナイテッド<2497.T>、21年3月期第1四半期にメルカリ<4385.T>株式の売却益53億3000万円を計上する見込み

▽DCM<3050.T>、21年2月期第1四半期(3-5月)の連結営業利益は前年同期比70.4%増の116億600万円

▽そーせい<4565.T>、ノバルティス ファーマの日本法人が喘息治療剤「エナジアTM吸入用カプセル中用量、高用量」の製造販売承認を取得、ライセンス契約により、そーせいは20年第3四半期に125万ドル(約1億3400万円)のキャッシュマイルストンを受領する見込み

▽JESCOH<1434.T>、外国人人材紹介・人材派遣事業を手掛けるJESCO エキスパート エージェントを設立

▽省電舎HD<1711.T>、20年3月期末日において開示すべき重要な不備が解消し内部統制が有効に

▽ケーヨー<8168.T>、21年2月期第1四半期(3-5月)の単体営業利益は前年同期比11.3倍の25億7700万円

▽CRE<3458.T>、20年7月期の連結業績予想を増額、営業利益は前期比2.4倍の39億円(従来予想は25億円)

▽マーチャント<3121.T>、暗号資産取引を手掛けるIDCMグループの台湾法人と業務提携

▽C&R社<4763.T>、NHKおよび関連会社の制作・編集部門へのスタッフの派遣、天気キャスターの派遣などを手掛けるウイング(東京都渋谷区)、ITコンサルティング、Webアプリケーション開発などを手掛けるGrune(福島県南相馬市)の株式を取得し、子会社化

▽アース製薬<4985.T>、20年12月期第2四半期(1-6月)の連結業績予想を増額修正、営業利益は前年同期比2.2倍の160億円(従来予想は104億円)

▽Jフロント<3086.T>、21年2月期の連結営業損益予想を300億円の赤字(従来予想は120億円の黒字、前期実績は402億8600万円の黒字)に下方修正、年間配当は27円(前期は36円)

▽あさひ<3333.T>、21年2月期第1四半期(2月21日-5月20日)の単体営業利益は前年同期比6.0%減の30億9500万円

▽キョーリンH<4569.T>、子会社の杏林製薬が喘息治療配合剤「フルティフォーム50エアゾール 56 吸入用、同120 吸入用」について、小児適応に係る用法・用量を追加する承認事項の一部変更承認を取得

▽しまむら<8227.T>、21年2月期の連結業績予想を公表、営業利益は前期比1.8%増の234億500万円の見込み

▽プレサンス<3254.T>、29日、近畿財務局に提出した20年3月期の内部統制報告書において、開示すべき重要な不備があり、財務報告に係る内部統制は有効でない旨を記載

▽象印<7965.T>、20年11月期の業績予想を下方修正、営業利益は前期比13.7%減の47億円(従来予想は55億円)

▽主な決算発表=OKAYA<6926.T>、ナガイレベ<7447.T>、ハイデ日高<7611.T>、銚子丸<3075.T>、ウイルコHD<7831.T>

▽主な月次発表=まんだらけ<2652.T>、アスクル<2678.T>、クスリアオキ<3549.T>

*午後4時30分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ