(再送)テックPが技術者の中途採用を積極化、コロナ禍でも中長期の開発体制を強化

株式

2020/6/30 14:02

 テックポイント・インク<6697.T>が技術者の中途採用を積極化している。

 同社は監視カメラをはじめ車載カメラなどを対象とした半導体開発のファブレス(工場を持たない)メーカー。2020年12月期は新型コロナウイルス感染拡大の影響下にあっても防犯カメラや車載カメラ向け半導体の開発案件が増加しており、第1四半期(1-3月)は引き続き車載カメラシステム市場向け半導体製品の売上が大きく伸びた。

 カーナビゲーションシステム、ドライブレコーダー向けが前年同期比2.3倍にも急拡大した。一時は減少傾向にあった監視カメラ用半導体も下げ止まり、同13.2%増と増加した。こうした状況の中で、同社は技術者の積極採用を通じ、中・長期的な成長力の確保を目指す意向だ。

 新規募集するのは、カメラの映像信号処理に用いる半導体の回路設計者、組込みソフトウエア設計者など。現在、ハイビジョンや4Kなど、高精細の映像信号を扱う半導体開発の案件が増えていることから、関連分野の技術者を増員して設計力、顧客対応力の強化を図る。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ