マザーズ指数反発、JTOWERなど買われる=新興市場・3日

 マザーズ指数が7日ぶりに反発。前日までの続落もあって下値買いが先行。後場、東京市場は新型コロナの感染者数増加を懸念する場面もあったが、比較的値持ちが良かった。JTOWER<4485.T>、弁護士ドットコム<6027.T>、マクアケ<4479.T>が高く、BASE<4477.T>やHENNGE<4475.T>も上昇。直近上場のグッドパッチ<7351.T>も買われた。ジャスダックではテラ<2191.T>が大幅高。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ