明日の日本株の読み筋=強弱感対立か、米国の経済指標・株価動向に注目

国内市況

株式

2020/7/6 17:42

 あす7日の東京株式市場は、強弱感対立か。現地6日に重要経済指標である米6月ISM(サプライマネジメント協会)非製造業景況指数が発表されるが、結果いかんでは米国株高につながり、日本株の支援要因にもなる。市場予想は50.0と3カ月ぶりに50復帰が観測され、50オーバーとなればポジティブ視される可能性がある。もっとも、日本時間6日の時間外取引で米株価指数先物が値を上げ、日本株の支援要因になっただけに「今晩の米国株が一段と上昇しないと(日本株の)連続高は難しいのではないか」(準大手証券)との声も聞かれた。

 一方、6日に東京都で新たに確認された新型コロナウイルス感染者数は102人となり、5日連続で100人を超えた。5日の111人から減少したが、前日は日曜日で休みの医療機関が多く、持ち込まれる検体数が少ないため、毎週月曜日は確認される人数が少ない傾向にあり、依然として予断を許さない。政府は再度の緊急事態宣言には慎重だが、感染再拡大への懸念は消えておらず、引き続き警戒が必要だ。

 6日の日経平均株価は大幅に3営業日続伸し、2万2714円(前週末比407円高)引け。前週末の米国株式市場は独立記念日の振替休日で休場ながら、時間外取引(日本時間6日)での米国株先物高や、円安歩調が支えとなり、買いが先行した。中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の上げも後押し要因となり、上げ幅は一時420円を超えた。6月16日以降のもみ合いゾーンの上限(23日高値2万2693円)を上抜けたことで、基調の強さを印象付けたが、2万3000円台に向けては戻り売りも出やすく、売り物を吸収できるかが問われる。

提供:モーニングスター社

関連記事

  • 個別銘柄のスポット情報(2)

    株式

    2020/7/6 17:24

     レック 反落。静岡第2工場において火災が発生し、警察官が1人死亡し、ほかに3遺体が確認されたと。 UACJ 4日ぶりに反発。SMBC日興が3日付で目標株価を従来の17・・・…続き

  • 個別銘柄のスポット情報(1)

    株式

    2020/7/6 17:23

     内田洋行 急騰。今7月期の期末一括配当予想を従来の90円に創業110周年の記念配当30円を加え、合計120円(前期は90円)とすると3日に発表したことが好感された。 ペッパー…続き

  • <飛躍期待の中小型株>バイデン米大統領誕生なら温暖化対策関連に期待

    株式

    2020/7/6 17:22

     米国の大統領選まで4カ月を切った。世論調査では民主党のバイデン候補が優勢を保っている。バイデン大統領が誕生すれば、地球温暖化対策に積極的に取り組むだろう。 マーケットでもESG投資の観点から、温暖化・・・…続き

  • 個別銘柄のひと口情報

    株式

    2020/7/6 17:21

     リプロセル 前3月期業績予想を下方修正し、連結営業損失は従来の7億5600万円から9億800万円(前々期実績7億8100万円の損失)に引き下げた。iPS細胞サービス、創薬支援サービス・・・…続き

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ