M&Aが続急伸し年初来高値を更新、第1四半期業績は好調に推移

株式

2020/7/31 14:45

 日本M&Aセンター<2127.T>が続急伸。30日引け後の決算発表で、21年3月期第1四半期(20年4-6月)の連結業績が好調な推移を示したことが材料視された様子。株価は前日比360円高の5250円まで値を上げ、7月7日の年初来高値5100円を更新している。

 21年3月期第1四半期は、売上高90億8900万円(前年同期比18.1%増)、営業利益48億8700万円(同25.4%増)。4月から5月までは緊急事態宣言によって営業活動が大きく制限されたが、成約件数は前年同期並みの232件(前年同期は234件)を確保。加えて、前年同期に比べて中型、大型案件の成約が増加したことで平均成約単価が上昇し、大幅増収・増益を達成した。

 午後2時45分現在の株価は250円高の5140円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ