日経平均は629円安と大幅に6日続落し安値引け、全33業種が下落、1カ月半ぶり安値水準=31日後場

 31日後場の日経平均株価は前日比629円23銭安の2万1710円00銭と大幅に6営業日続落し、安値引け。全面安の展開となり、6月15日(終値2万1530円95銭)以来1カ月半ぶりの安値水準。6連敗は19年4月26日-5月14日の7連敗以来。朝方から売りが先行した。米4-6月期GDP(国内総生産)速報値が過去最大の減少幅を記録し、米景気の先行きが懸念された。30日の欧州株式やNYダウの下落に円高・ドル安も重しとなり、軟調に推移した。昼休みの時間帯に「東京都の感染者、新たに400人以上確認 過去最多」とのニュースが流れ、大引けにかけて下げ幅拡大の流れとなった。

 東証1部の出来高は16億7899万株、売買代金は2兆7815億円。騰落銘柄数は値上がり134銘柄、値下がり2032銘柄、変わらず7銘柄。

 市場からは「決算への警戒とともに新型コロナ感染者数の増加で心理的によろしくない。日経平均は200日線をあっさり割り込み、次の75日線で下げ止まらいと、さらに下押す可能性が出てくる」(準大手証券)との声が聞かれた。

 東証業種別株価指数は全33業種が値下がり。業種別では、ブリヂス<5108.T>、住友ゴム<5110.T>などのゴム製品株が下落。商船三井<9104.T>、川崎汽<9107.T>、郵船<9101.T>などの海運株や、国際帝石<1605.T>、石油資源<1662.T>などの鉱業株も軟調。王子HD<3861.T>、日本紙<3863.T>などのパルプ紙株や、日本製鉄<5401.T>、JFE<5411.T>などの鉄鋼株も売られた。SUMCO<3436.T>、LIXILG<5938.T>などの金属製品株や、T&DHD<8795.T>、SOMPOH<8630.T>などの保険株も安い。

 個別では、ソウルドO<6553.T>、アドバンテスト<6857.T>、電算システム<3630.T>がストップ安となり、DTS<9682.T>、SMN<6185.T>、日清紡HD<3105.T>などの下げも目立った。半面、ZOZO<3092.T>がストップ高となり、プロトコーポ<4298.T>、中国塗<4617.T>も一時ストップ高。タケエイ<2151.T>、味の素<2802.T>、SMS<2175.T>などの上げが目立った。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ