6日の東京外国為替市場=材料乏しく、ドル・円小動き

マーケット情報

為替

2020/8/6 15:04

 6日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=105円50銭をはさみ、小動きとなった。

 前日の米ADP雇用統計が市場予想を大きく下回ったことで米雇用情勢悪化への懸念が強まる中、きょう朝方のドル・円は、105円43銭まで下押しした。その後、仲値決済に向けて国内輸入企業からのドル買い・円売りが入ったことや、売り先行で始まった日経平均株価が一時プラス転換したのにつれ、105円60銭まで反発した。

 ただ、午後に入ると材料難から105円50銭を挟むもみ合いに。結局、値幅20銭に満たない小幅なレンジでの推移となった。

 15時現在、105円45銭となっている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ