矢作建設が4連騰、第1四半期は営業利益3倍超

株式

2020/8/6 16:52

 矢作建設工業<1870.T>が4連騰し、36円高の849円を付けた。5日引け後に21年3月期第1四半期(20年4-6月)の連結決算を発表、利益3倍超を達成し、買い気が高まった。

 第1四半期決算は、売上高が230億3200万円(前年同期比31.0%増)、営業利益が20億2700万円(同3.28倍)となった。建築工事の拡大により、完成工事高が増え、不動産の売買・賃貸事業、建設用資材販売事業、ゴルフ場経営事業等を内訳とする不動産事業等売上高も伸び、利益を押し上げた。なお、第2四半期(20年4-9月)の営業利益予想28億円(前年同期比22.4%増)に対する進ちょく率は72.4%だった。

 6日の終値は、前日比36円高の849円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ