マザーズ指数反発、主力銘柄に買い=新興市場・31日

 マザーズ指数が3日ぶりに反発。前週末は安倍首相の辞任が伝わって大幅安となったが、今週は米国株高などを受けて買い優勢のスタートとなり、新興市場でも主力株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。BASE<4477.T>、メルカリ<4385.T>、NexTone<7094.T>などが上昇。自律制御システム研究所<6232.T>も大幅高した。ジャスダックでは歯愛メディカル<3540.T>、日本テレホン<9425.T>などが上昇。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ