18日のPTS注目ポイント=DCM、ウィルG、ストライク、北越メタルなど

株式

PTS

2020/9/18 16:58

▽DCM<3050.T>、21年2月期の連結業績予想を増額、営業利益は前期比44.5%増の301億円(従来予想は210億円)

▽ウィルG<6089.T>、21年3月期の連結業績予想を増額、営業利益は前期比27.6%減の30億円(従来予想は25億円)、年間配当は21円(同17円)

▽ストライク<6196.T>、20年8月期の単体業績予想を増額、営業利益は前期比58.1%増の29億8100万円(従来予想は22億3700万円)、期末一括配当は24円(同17.5円)

▽北越メタル<5446.T>、21年3月期の連結業績予想を増額、営業利益は前期比36.2%減の9億1000万円(従来予想は5億6000万円)、中間配当は25円(前期は20円)

▽サツドラHD<3544.T>、21年5月期第1四半期(20年5月16日―8月15日)の連結営業利益は1億1900万円(前期は500万円の赤字)

▽GTS<4584.T>、千寿製薬と共同開発の眼科治療領域のバイオシミラー(GBS-007)について、千寿製薬が厚生労働省に製造販売承認申請

▽成学社<2179.T>、未定としていた21年3月期の業績予想を公表、連結営業利益は2億9500万円の赤字(前期は2億7200万円)、年間配当は6円(同8.5円)を予想

▽じげん<3679.T>、持株会社のHITOWA キャリアサポート(東京都港区)からPCH ホールディングス(同)の株式を取得し、PCHを子会社、キャリアサポートを孫会社化

▽ビーグリー<3981.T>、ぶんか社とそのグループ会社の海王社、新アポロ出版などを傘下に持つNSSK-CC(東京都港区)の全株式を取得、子会社化

▽オンコリスB<4588.T>、アンリーシュ(米国ミズーリ州)の投資有価証券等に関し、減損処理を行い20年12月期に約3億5800万円の特別損失を計上

▽旭ダイヤ<6140.T>、21年3月期第2四半期(4-9月)の連結営業利益は8億円の赤字(前年同期は8500万円)を予想

▽極東産機<6233.T>、工作機械などの製造を手掛けるROSECC(名古屋市名東区)を子会社化

▽京三製<6742.T>、未定としていた21年3月期の業績予想を公表、連結営業利益は30億円(前期は30億4400万円)、年間配当は17円(前期17円)

▽ラサ商事<3023.T>、未定としていた21年3月期の業績予想を公表、連結営業利益は前期比16.4%減の16億5000万円、年間配当は38円(前期38円)、株主優待制度を変更

▽JCRファマ<4552.T>、血液脳関門通過型ハンター症候群治療酵素製剤「パビナフスプ アルファ(遺伝子組み換え)」が希少疾病用医薬品に指定

▽フリュー<6238.T>、日本人形の吉徳(東京都台東区)と業務提携

▽主な決算発表=ALBERT<3906.T>

▽主な月次発表=イオン<8267.T>、レントラック<6045.T>、マルマエ<6264.T>、アニコムHD<8715.T>、フリュー<6238.T>、ミスミG<9962.T>

*午後4時30分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ