29日のPTS注目ポイント=NTTドコモ、バイク王、ケーヨー、グッドコムAなど

株式

PTS

2020/9/29 17:09

▽NTTドコモ<9437.T>(監理)、NTT<9432.T>による株式の公開買い付けに賛同。買い付け価格は1株に付き3900円。

▽バイク王<3377.T>、20年11月期の単体業績予想を上方修正。売上高を従来の205億円から220億円(前期比9.3%増)に、営業利益を2億3000万円から7億円(同3.3倍)にそれぞれ引き上げている。

▽ケーヨー<8168.T>、21年2月期の単体業績予想を上方修正。売上高を従来の1040億円から1110億円(前期比3.1%増)に、営業利益を17億円から39億円(同7.4倍)にそれぞれ引き上げている。

▽グッドコムA<3475.T>、20年10月31日を基準日として、1株に付き2株の株式分割を実施すると発表。

▽スギHD<7649.T>、21年2月期上期(20年3-8月)の連結営業は185億700万円(前年同期比25.2%増)で、従来予想を20億700万円超過。通期予想の300億円(前期比0.8%増)に対する進ちょく率は61.7%となっている。

▽小糸製<7276.T>、連結営業損益予想について、21年3月期上期(20年4-9月)は従来の20億円の赤字から40億円の黒字(前年同期比90.4%減)に、通期は180億円の黒字から240億円の黒字(前期比70.9%減)に、それぞれ引き上げている。

▽三菱マ<5711.T>、連結営業損益予想について、21年3月期上期(20年4-9月)は従来の20億円の赤字から50億円の黒字(前年同期は169億7800万円の黒字)に、通期は50億円の赤字から収支トントン(前期は379億5200万円の黒字)にそれぞれ引き上げている。

▽Jフロント<3086.T>、連結営業損益予想(IFRS)について、21年2月期上期(20年3-8月)は従来の300億円の赤字から206億円の赤字(前年同期は251億7500万円の黒字)に、通期は300億円の赤字から206億円の赤字(前期は402億8600万円の黒字)に、それぞれ赤字幅を縮小している。

▽主な決算発表=YEDIGI<2354.T>、パレモHD<2778.T>、ハニーズHD<2792.T>、ピックルス<2925.T>、DCM<3050.T>、岡山製紙<3892.T>、リプロセル<4978.T>、ヒマラヤ<7514.T>、ピープル<7865.T>、きんえい<9636.T>、ジャステック<9717.T>

▽主な業績修正=バーチャレク<6193.T>、JIA<7172.T>

▽主な月次=CYBOZU<4776.T>

▽主な業績予想の発表=デュアルタプ<3469.T>、明和産<8103.T>

*午後4時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ