日経平均先物は130円高と反発、引けにかけ上げ幅を取り戻す格好に=1日

 1日の日経平均先物は、前日比130円高の2万3310円と反発して取引を終了した。東京証券取引所のシステム障害により、現物株の売買が終日停止となり、現物株との裁定取引ができないことなどから、出来高は9月30日の7万2923枚から5万3599枚に減少した。

 時間外取引での米株価指数先物の上昇が支えとなり、しっかりした状況が続いた。ただ、午後2時33分には、前日比30円高の2万3210円まで上げ幅を縮小する場面もみられるなど、上値を追う動きは限られた。東京証券取引所は午後2時40分すぎ、今回の障害について、ハードウェアの障害および障害の起こった機器からバックアップへの切り替わりが正常に行われなかったことが原因とすコメントを発表。また、あす2日の売買については、正常な売買ができるよう対応を行うとしたことから、上げ幅を取り戻す格好となった。市場では「あすの現物株売買に支障はなさそうとして、やや警戒感が後退したようだ」(中堅証券)との声が聞かれた。為替レートは、ドル・円が1ドル=105円50銭前後(9月30日終値は105円61-62銭)で朝方から小動きが続く。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ