政局混迷で相場に不透明感

 東証のシステム障害の影響で4日間の取引日程となった前週(9月28日~10月2日)の日本株は、トランプ米大統領の新型コロナウイルス陽性の一報を受けた2日に日経平均株価が一時2万3000円台を割り込んだ・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ