7日のPTS注目ポイント=ウエルシアH、農業総合研、ベル24HD、イオンファンなど

株式

PTS

2020/10/7 17:14

▽ウエルシアH<3141.T>、21年2月期の連結業績予想を上方修正。売上高を従来の9350億円から9541億円(前期比9.9%増)に、営業利益を388億円から433億円(同14.5%増)にそれぞれ引き上げている。

▽農業総合研<3541.T>、20年8月期の単体業績予想を上方修正。売上高を従来の32億円から34億7300万円(前期比21.8%増)に、営業損益を4000万円の赤字から3600万円の黒字(同18.2%減)にそれぞれ引き上げている。

▽ベル24HD<6183.T>、21年2月期上期(20年3-8月)の連結業績(IFRS)は、売上高668億7100万円(前年同期比6.1%増)、営業利益66億2300万円(同12.6%増)で、営業利益の通期予想115億円(前期比3.6%増)に対する進ちょく率は57.6%。

▽イオンファン<4343.T>、21年2月期上期(20年3-8月)の連結業績は、売上高163億8000万円(前年同期比58.0%減)で、営業損益は57億9800万円の赤字(前年同期は28億5200万円の黒字)。大幅減益ではあるが、第2四半期(6-8月)に限ると営業損益は16億6300万円の赤字と、第1四半期(3-5月)の41億3600万円の赤字から赤字幅が大きく縮小している。

▽サーラ<2734.T>、20年11月期第3四半期累計(19年12月-20年8月)の連結営業利益は51億6600万円(前年同期比14.7%増)で、通期予想の58億円(前期比6.2%増)に対する進ちょく率は89.1%。

▽トーセ<4728.T>、20年8月期の連結営業利益は3億6500万円(前期比0.6%増)で従来予想を1億3900万円超過。

▽鳥貴族<3193.T>、21年7月期9月度の月次報告によると、既存店売上高は前年同月比22.8%減で、全店売上高は同25.9%減。ともに2ケタ減収だが、8月度の同40.9%減、同43.1%減から勢いが回復してている。

▽Gオイスター<3224.T>、海洋深層水を用いた世界初となるウイルスフリー牡蠣の陸上養殖方法に関し、日本、台湾に続いて米国でも特許査定を受けたと発表。

▽MV東海<8198.T>、21年2月期の連結営業利益予想を従来の84億円から100億円(前期比39.9%増)に上方修正。

▽MV西日本<8287.T>、21年2月期の連結営業利益予想を従来の35億円から55億円(前期比2.0倍)に上方修正

▽イオン北海道<7512.T>、21年2月期の連結営業利益予想を従来の70億円から85億円(前期比4.9%増)に上方修正。

▽ジンズHD<3046.T>、20年8月期の連結営業利益予想を従来の50億4700万円から56億1700万円(前期比24.7%減)に上方修正。

▽天満屋ス<9846.T>、21年2月期上期(20年3-8月)の連結営業利益は10億500万円(前年同期比3.4%増)で、従来予想を1億5500万円超過。

▽壱番屋<7630.T>、21年2月期の連結営業利益予想を従来の22億3000万円から25億8000万円(前期比50.4%減)に上方修正。

▽主な決算発表=イオン九州<2653.T>、ジーフット<2686.T>、シーズメン<3083.T>、イオンファン<4343.T>、GameW<6552.T>、ファミマ<8028.T>、イオンFS<8570.T>、イオンディラ<9787.T>

▽主な業績修正=ジースリーH<3647.T>、JCRファマ<4552.T>

▽主な月次=ワッツ<2735.T>、シュッピン<3179.T>、買取王国<3181.T>、三栄建築<3228.T>、アサンテ<6073.T>、ネットマーケ<6175.T>、ライフネット<7157.T>、ハウスロゼ<7506.T>、NATTY<7674.T>、カクヤスG<7686.T>、ピープル<7865.T>、マネパG<8732.T>、オートバック<9832.T>

▽主な業績予想の発表=レイ<4317.T>、NITTOK<6145.T>、HIOKI<6866.T>、コックス<9876.T>、ミニストップ<9946.T>

*午後4時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ