13日のPTS注目ポイント=古野電、パルGH、PRTIME、ダイトなど

株式

PTS

2020/10/13 17:16

▽古野電<6814.T>、21年2月期の連結業績予想を上方修正。売上高を従来の790億円から820億円(前期比1.3%減)に、営業利益を15億円から30億円(同24.4%増)にそれぞれ引き上げている。

▽パルGH<2726.T>、21年2月期上期(20年3-8月)の連結業績は、売上高451億6500万円(前年同期比32.5%減)で、営業損益は17億6100万円の赤字(前年同期は55億2400万円の黒字)だが、第2四半期(6-8月)に限ると営業損益は13億2700万円の黒字(前年同期比28.6%減)に浮上。

▽PRTIME<3922.T>、21年2月期上期(20年3-8月)の単体業績は、売上高17億4100万円(前年同期は連結のため増減比較はない)、営業利益6億3100万円。売上高で2億2600万円、営業利益で3億8100万円、それぞれ従来予想を上回っている。

▽ダイト<4577.T>、21年5月期第1四半期(20年6-8月)の連結業績は、売上高137億300万円(前年同期比17.5%増)、営業利益19億4700万円(同43.5%増)で、営業利益の通期予想49億5000万円(前期比7.6%減)に対する進ちょく率は39.3%。

▽Jリース<7187.T>、連結営業利益予想を上方修正。21年3月期上期(20年4-9月)は従来の4000万円から3億2000万円(前年同期比3.6倍)に、通期は2億円から5億8000万円(前期比3.7倍)にそれぞれ引き上げている。

▽ハピネス&D<3174.T>、20年8月期の単体営業利益は1億100万円(前期比81.3%減)で従来予想を4000万円超過。21年8月期は予想営業利益3億円(前期比3.0倍)。

▽川崎地質<4673.T>、20年11月期第3四半期累計(19年12月-20年8月)の単体業績は売上高56億8300万円(前年同期比9.3%増)、営業損益1億3300万円の黒字(前年同期は6200万円の赤字)で、営業損益の通期予想1億6000万円の黒字(前期比27.8%増)に対する進ちょく率は83.1%。

▽東武住販<3297.T>、21年5月期第1四半期(20年6-8月)の単体営業利益は1億3900万円(前年同期比2.2倍)で、上期(6-11月)予想の1億8000万円(同13.0%減)に対する進ちょく率は77.2%。

▽中北製<6496.T>、21年5月期第1四半期(20年6-8月)の単体営業利益は3億4200万円(前年同期比2.2倍)で、上期(6-11月)予想の5億3000万円(同9.5%減)に対する進ちょく率は64.5%。

▽アイケイ<2722.T>、21年5月期第1四半期(20年6-8月)の連結業績は、売上高48億3700万円(前年同期比25.8%増)、営業損益1億5400万円の黒字(前年同期は4900万円の赤字)で、営業利益の上期予想2億5600万円(同41.1%増)に対する進ちょく率は60.2%。

▽主な決算発表=暁飯島<1997.T>、ワッツ<2735.T>、Jフロント<3086.T>、トレファク<3093.T>、ラクトJ<3139.T>、白鳩<3192.T>、エスポア<3260.NG> 、フィルC<3267.T>、住江織<3501.T>、ケイブ<3760.T>、チームスピリ<4397.T>、東名<4439.T>、ヴィッツ<4440.T>、Sansan<4443.T>、TONE<5967.T>、三機サービス<6044.T>、デザインワン<6048.T>、アクアライン<6173.T>、ライトオン<7445.T>、高島屋<8233.T>、イズミ<8273.T>、東宝<9602.T>、モリト<9837.T>

▽主な月次=PCDEP<7618.T>

▽主な業績予想の発表=東天紅<8181.T>、ポエック<9264.T>

*午後4時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ