14日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

きょうの場況

2020/10/14 8:57

14日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万3400円-2万3700円(13日終値2万3601円78銭)

 14日の東京株式は、弱含みの展開か。きのう13日の日経平均株価は、買い先行後、伸び悩み商状となっていたことや、現地13日の米国株式が5日ぶりに反落したこともあり、売り優勢のスタートとなりそう。手掛かり材料難のなか、積極的な売買は期待しづらく、模様眺めムードが広がりそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=105円台の半ば(13日終値は105円47-49銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=123円台の後半(同124円25-29銭)と円高方向に振れている。13日のADR(米国預託証券)は円換算値で、東芝<6502.T>、日産自<7201.T>、三井住友<8316.T>などが、13日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、13日の大阪取引所終値比75円安の2万3515円だった。(高橋克己)

 14日の主な経済指標・スケジュール

【国内】

・13:30 8月鉱工業生産・出荷・在庫(確報)

・決算発表=SFOODS<2292.T>、いちご<2337.T>、ABCマート<2670.T>、クリレスHD<3387.T>、コメダ<3543.T>、サイゼリヤ<7581.T>

【海外】(時間は日本時間)

・21:30 米9月生産者物価

・G20財務省・中央銀行総裁会合

・決算発表=(欧州)ASMLホールディング(米国)バンク・オブ・アメリカ<BAC>、ゴールドマン・サックス<GS>、USバンコープ<USB>、ウェルズ・ファーゴ<WFC>

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ