マザーズ指数続落、弁護士コムなどが売られる=新興市場・16日

マーケット情報

株式

2020/10/16 15:05

 マザーズ指数が続落。米国株安などを背景に利益確定売り先行の週末相場となっている。時価総額上位銘柄を中心に売りが続いている。BASE<4477.T>、弁護士ドットコム<6027.T>、マクアケ<4479.T>などが安く、GA technologies<3491.T>、ロコンド<3558.T>、サーバーワークス<4434.T>などが売られた。一方でグッドパッチ<7351.T>、ティーケーピー<3479.T>、農業総合研究所<3541.T>は高い。ジャスダックでは出前館<2484.T>がストップ高。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ