ピクスタ、モデル自身が自分を被写体に撮影を行った素材を販売できるプロジェクトを開始

株式

2020/10/19 7:36

 ピクスタ<3416.T>は15日、モデル自身が自分を被写体に撮影を行った素材を販売できるプロジェクトを開始したと発表した。

 これにより、これまでクライアントやカメラマンなどにキャスティングされて仕事を得る受動的な働きになりがちだったモデルが、自分の意志と行動と表現による能動的な収入獲得を可能するという。

 16日の終値は、前日比3円安の1334円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ