MDMが一時急伸、20日付日本経済新聞は22年3月期営業利益が21年3月期予想比で4割近く増と報じる

株式

2020/10/20 16:33

 日本エム・ディ・エム(MDM)<7600.T>が急伸し、209円高の2337円を付けた。20日付の日本経済新聞は、同社の22年3月期の連結営業利益が30億円強と、21年3月期の見通しに比べ4割近く増えそうと報じ、材料視された。

 同紙によると、21年3月期は、新型コロナウイルスの感染拡大で人工関節を使う患者の受診が減って減益となる見込みだが、22年3月期は回復するとした。また、骨の成長を促す特殊な加工などを施した新製品の販売も伸びるとしている。

 20日の終値は、前日比66円高の2194円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ